HAIKYU!!-PORTALNEWS最新情報

劇場公開直前!音駒高校のチームメンバーを徹底紹介!

孤爪研磨は、インドア派でスポーツマンとは思えないほど細く、体力もないが、生来の負けず嫌いな性格と頭脳を生かして試合を組み立てる音駒のゲームメイカー。キャプテンの黒尾には「音駒の“背骨”で“脳”で“心臓”」と評価されるほど、チームには欠かせない存在。GWに行われた烏野での合宿に向かう際に迷子になり、ロードワーク中の日向と出会う。研磨にとって日向は友達であり、ライバルであり、攻略対象。バレーボールに対する思い入れは特段無く、黒尾に勧められる形で始めた。そんな研磨に日向は「次は絶対必死にさせて、『別に』以外のこと言わせるからな!!」と宣言。“ゴミ捨て場の決戦”で日向は研磨に新たな感情を湧き出させることはできるのか?!
研磨にバレーボールを勧めた張本人、黒尾鉄朗は、胡散臭く見られがちだが、合同夏合宿の自主練習では、他校にも関わらず月島や日向を指導するなど、面倒見が良く後輩への指導にも熱心。煽り上手で人の感情に聡く、プレーも極めて冷静。また、音駒高校バレー部監督の猫又には何かと恩義を感じており、“ゴミ捨て場の決戦”を一つの目標とするような情に厚い一面も見せる。
“護りの音駒”におけるエース、夜久衛輔。春の高校バレー東京都代表決定戦では、最後の一枠をかけた戸美学園との試合中にケガをしてしまう。一年間一度も大きな怪我や病気をしてこなかったにもかかわらず、大事な局面で怪我をしてしまった自分に対し、いらだちと焦りを見せる夜久の表情に胸を締め付けられた視聴者も多いのでは。
ロシア人とのハーフで、実力は素人同然ながらも、生まれ持ったセンスと恵まれた体格を武器に、音駒の戦力となった灰羽リエーフ。春高バレー東京都代表決定戦では、“護りの音駒”における核、夜久がケガにより退場。その時、夜久の実力に甘えていた自分、そして“チームワーク”の本質に気づき、芝山と共に見事ブロック&レシーブを完成させた。
常に仏のような笑みを浮かべ、黒尾、夜久と共にチームを支える頼もしい音駒の三年生、海信之。入学当初は黒尾と夜久の間に挟まれ、困った表情を浮かべる姿も見られたが、三人の目標は変わらず“全国制覇”。春の高校バレー東京都代表決定戦の第一試合、梟谷との試合では、木兎の強烈なサーブですら顔色一つ変えずに拾う“護りの音駒”に相応しい選手へと成長。
春高バレー行き残り一枚の切符をかけた戸美学園との試合では、熱くなりやすい性格を相手に利用され、煽りを真に受けてしまった山本猛虎。結果、審判からは白い目で見られてしまう。サーブでも徹底的にマークされる猛虎だったが、“根性の使い手”として粘り強さを見せ、自分で拾い、自分で攻撃して見せる。守備ができてこその“護りの音駒”。次期エースとしての意地を見せたしびれるシーンだ。
研磨、猛虎と同じく二年生の福永招平。何かと正反対な二人の間でさぞ大変なことも多いかと思いきや、本人が気にしているそぶりはあまりなさそう。一年次の回想シーンでは、根性でなんでも済ませようとする猛虎と、それが理解できない研磨の間で勃発したケンカに、水をぶっかけて止めるというアグレッシブな一面も併せ持つ。
GW最終日、練習試合で初めて試合をした日向と研磨たち。日向と影山の“鬼と金棒コンビ”に驚く音駒チームだったが、音駒で一番すばしっこい犬岡走が常に日向を追いかけるという作戦を打ち出す。頭を使うのは苦手だが、長身を生かし、一つのことを徹底してやることに長けている犬岡は、1セットを通して見事、日向と影山の変人速攻を止めてみせるのだった。
春の高校バレー東京都代表決定戦、音駒の守護神、夜久のケガにより急遽試合に出ることになった芝山優生。芝山の実力は夜久お墨付きのものであったが、 “護りの音駒”におけるエース、夜久の怪我に、チーム全体には緊張が走る。試合の中で、大きすぎる先輩の背中に甘えていた自分を顧み、リエーフと連携した見事なブロック&レシーブを作り上げ、チームを勝利に導いた。
春の高校バレー男子二回戦、“Aパスに甘やかされたセッター”に的を絞り、コート内で研磨を走らせ、体力を消耗させる作戦に出た早流川工業。バテてきた研磨と変われるようベンチ入りした手白球彦だったが、早流川工業戦では音駒が2-1で勝利し未だ大きな出番はなし。“ゴミ捨て場の決戦”での活躍に注目!
音駒高校バレー部コーチの直井学は、烏野高校バレー部コーチの烏養繋心とは高校時代、それぞれ音駒、烏野で練習試合を重ねた好敵手。学生時代はメンバー入りを果たせなかった二人だったが、「ヘタクソはヘタクソの気持ちも なんで出来ないのかも良くわかる」と語り、今は母校でコーチをしている。“ゴミ捨て場の決戦”を楽しみにしている一人だ。
そして、音駒高校バレー部監督の猫又育史は、以前烏野高校で監督を務めていた烏養一繋と中学時代からのライバル。強面な監督ぞろいの中でも温和な性格で、酒好きな一面も見せる。合宿では夜な夜な監督、コーチたちと飲み明かしているとか…。守備最重視、セッターは頭脳やセンス重視のスタイルにより保たれてきた音駒クオリティ。“ゴミ捨て場の決戦”を制すのは猫か、烏か――?!
激戦が予想される「ゴミ捨て場の決戦」の勝敗やいかに―――!

ニュース一覧へ戻る

「ハイキュー!! FINAL」制作決定解禁映像